へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2019.12.20

間庭 隆フィールドスタッフ 椎の木湖にて

33.09kg(34枚) 忘年杯大会 第5位

釣行場所 椎の木湖   2号桟橋332番
釣行日時 2019年12月20日(金)   7:00〜14:00
天候 晴れ(やや風強し)
混雑度 約236人
釣行理由 忘年杯大会
釣果 33.09kg(34枚)
成績 第5位
釣り方 13尺チョーチンバラケに「力玉」のセット
仕掛け 竿13尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上0.6号、下0.3号(上10cm、下48cm へら名人詳) ハリ上10号(関スレ)、下4号(アスカ) ウキ田村作「優陽」(ボディ8cmグラスムク0.6トップ足長)

エサ

[バラケ]「セットガン」100cc+「粒戦」100cc+「粒戦細粒」50cc+「粘麩」50cc(サラッと混ぜる)+水250cc(全体に水を吸わせ5分放置)+「セットアップ」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」100cc(10回かき混ぜて放置)
[くわせ]「力玉大粒(「さなぎ粉」漬け)

[バラケ]バラケエサの作りたてはかなり軟らかいが、数分で締まってくるので、ここから20回ほど丁寧にかき混ぜる。

釣り方の注意点 釣りはじめ水面近くから底近くまで水の流れがあり、最初こそモーニングで2枚ほど拾えたが、その後はサワリのみで食いアタリが出ない状態が続いた。流れは1日止まらず、軽いくわせエサや軽い仕掛けだとサワリだけで、食いアタリが出なかった。ウキのボディを6cmではじめたが8cmにし、道糸やハリスの流れ、風による曲がりやふらつきを少しでもなくすために、重り負荷を増やして調整。またハリを「関スレ」3号から徐々に重くしていき、「アスカ」4号にし水中での張りを重視した。くわせエサもノーマルの「感嘆」から「力玉大粒(「サナギ粉」漬け)」とした。
釣り場情報