へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 富里乃堰 > 釣果情報

2019.12.21

綿貫 正義インストラクター 富里乃堰にて

26.4kg(50枚) 富堰釣好会例会(渡り手前限定) 第2位(参加54名)

釣行場所 富里乃堰   東桟橋No.37
釣行日時 2019年12月21日(土)   6:30〜15:00
天候 曇り
混雑度
釣行理由 富堰釣好会例会(渡り手前限定)
釣果 26.4kg(50枚)
成績 第2位(参加54名)
釣り方 12尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿12尺 道糸0.7号(ナポレオン) ハリス上0.5号、下0.4号(上8cm、下30cm ナポレオン) ハリ上7号(極ヤラズ)、下4号(喰わせヒネリ) ウキ弥介「ノーマルII」No.3(ボディ6.5cmパイプトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+「サナギパワー」100cc+水300cc(5分放置後)+「GTS」200cc+「セット専用バラケ」200cc+「セットアップ」200cc(「GTS」で調整)
[くわせ]「感嘆(「軽さなぎ」20cc+「粘力」2杯入り)」10cc(山盛り)+水10cc

釣り方の注意点 前日に試釣した人の話だと、両グルテンの宙釣りがかなり好調だったらしい。17尺宙釣り(タナ1.5m)両グルテンではじめたが、とにかくアタリが遠く、たまにアタったとしてもカラツン。釣れたとしても旧の小べらである。2時間ぐらいやって4枚しか釣れず、12尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセットに変更した。当日、よかったパターンはトップ先端までナジませ、魚にアオられてバラケエサが抜けてくる感じがよく、バラケエサが早く抜けすぎてしまうと意外とアタらなかった。またバラケエサが抜けた後、くわせエサのアオリが出た後のアタリはヒット率がよかったが、アオリがなくアタった時はカラツンが多かった。
釣り場情報