へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 友部湯崎湖 > 釣果情報

2020.01.03

田中 雅司フィールドスタッフ 友部湯崎湖にて

9kg(19枚) 新春釣り大会 第18位

釣行場所 友部湯崎湖   4号桟橋中央事務所向き
釣行日時 2020年01月03日(金)   7:00〜14:00
天候 晴れ
混雑度 80%(220人)
釣行理由 新春釣り大会
釣果 9kg(19枚)
成績 第18位
釣り方 9→11尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け 竿9→11尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.4号、下0.3号(上5cm、下55cm へら名人) ハリ上4号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅NS」6→7番(グラスムクトップノーマルタイプ)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc
[くわせ]「力玉大粒(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 毎年恒例である友部湯崎湖の新春釣り大会に参加した。毎年一緒に出場している仲間の都合が悪く、私だけ参加することになった。会場に着くと知り合いの会のメンバーが来ており一安心。入場順は購入券の若い番号からなので、愛好会のメンバーから入場していく。大会は、愛好会のメンバーを筆頭に大会が楽しみな人、それなりに実力がある人、たまに参加する遠方からの人などでにぎわっている。この3年間、4号桟橋のど真ん中事務所向きに入り楽しんでいるが、なかなかベストテンに入れない。今年はそろそろ場所を変えようかと思っていたが、98番の入場なので今年も同じところに入った。いつもなら11尺チョーチンセットでおこなうところ、9尺から入り場合によっては11尺に変えようと考えながらスタート。毎年2ボウルぐらいからアタリ出して釣れるのだが、今回は5投ぐらいでいきなりアタリ出してビックリ。2回空振り、3回目にヒットし600gの新べらをゲット。1ボウル3枚、2ボウルに入りすぐに1枚、5枚目がキロ級の新べらで、玉網に収まるまで大変だった。その後、9尺のウキの正面に太陽が来てウキが見づらい。我慢していたが、アタリがあっても釣りづらく、思い切って11尺に変えてみると例のごとくすぐに釣れ出したがカラツンも多い。当日は早い立ち込みアタリがヒットパターンなので、ハリスを5cm伸ばして対応するとウキの流れが止まったときには、必ず食いアタリがありポツポツ釣れた。時折、新べらの大型が釣れておもしろいが、旧べらが来るとカラツンが多く釣りづらい。しかしアタリがあればOKと思いながら最後まで楽しんだ。第1位は14kg。私は9kg、第18位で大きなメロンをもらって今年の新春釣り大会が終了した。
釣り場情報