へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2020.01.05

間庭 隆フィールドスタッフ 椎の木湖にて

31.13kg(34枚) 例会 第2位(終了時、池の第5位)

釣行場所 椎の木湖   2号桟橋315番
釣行日時 2020年01月05日(日)   7:00〜15:00
天候 晴れ(風強し、北西の風7m)
混雑度 約142人
釣行理由 例会
釣果 31.13kg(34枚)
成績 第2位(終了時、池の第5位)
釣り方 13尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿13尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上0.6号、下0.3号(上12cm、下55cm へら名人詳) ハリ上9号(関スレ)、下4号(アスカ) ウキ田村作「優陽」(ボディ7.5cmグラスムクトップ足長)

エサ

[バラケ]「セットガン」100cc+「粒戦」10cc+「とろスイミー」50cc+水180cc(10回ほどサラッと混ぜ、少し時間をおいて水分を全体に行き渡らせる)+「バラケマッハ」100cc+「セット専用バラケ」100cc(全体をよくかき混ぜる)
[くわせ]「感嘆」10cc+水12cc(ポンプ出し)

[バラケ]ウキのナジミが出るまで混ぜ合わせて、ナジミ幅4節程度になるようにエサ付けする。

釣り方の注意点 北西の風が強く吹くとの予報で、比較的風が避けられる2号桟橋の渡り手前の中ほどにポイントを選択する。前回良かった軽めのくわせバリ、重めのバラケエサ、「粒戦」200cc入りを作り釣りはじめる。最初のモーニングに反応して2枚ほど釣れてきたが、魚のいる気配だけで食いアタリが出ないのでポツポツペース。状況を変えたのはくわせエサ側のハリの重さ、風の影響と流れでくわせエサの張りが弱くふらついているので重めに変更。バラケエサも「粒戦」を入れ過ぎていると判断、魚の下ずりによりくわせエサより下に魚が移動、食いアタリが少なくなる状況を作ってしまった。「粒戦」の量を半分にして対応すると食いアタリも復活して釣れ出した。
釣り場情報