へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2020.01.12

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

21枚 プライベート 

釣行場所 筑波湖   6号桟橋中央
釣行日時 2020年01月12日(日)   7:00〜15:00
天候 晴れのち曇り
混雑度 70%(180人)
釣行理由 プライベート
釣果 21枚
成績
釣り方 13→15→17尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け 竿13→15→17尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.4号、下0.3号(上5cm、下50→55cm) ハリ上4号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅NS」8→9→10番(グラスムクトップノーマルタイプ)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 今月の第3日曜日にフォーラム侠の例会があるので、会員13名で試釣りをおこなった。日曜日につき例会も含め大勢の釣り客がいて空きを探し、6号桟橋中央から奥に入った。この時期、筑波湖の人気桟橋は3号桟橋と5号桟橋。この2つの桟橋は普段も人気があり、へら鮒の居着きも多く、私たちがおこなう例会の指定も3〜6号桟橋なので今回の釣れ具合が参考になってくる。座席につき13尺チョーチンセットから入り、アタリの状況を見て深めの竿に変えるように考えてはじめた。打ち出し1ボウルで4枚釣り、2ボウル目に入ると徐々にアタリも多くなりポツポツ800gクラスが釣れてくるが、活性のよい600gクラスの新べらが釣れてこない。前回3号桟橋奥でおこなったときは短い竿よりも長めの15尺以上がよくて、新べらの600gクラスが釣れたが今回は混じらない。大型の新べらがくると連続で食いアタリがなくなることから、重量は落ちるが600gクラスが釣れた方が私はよいように思える。枚数を稼ぎ、キロ数を伸ばすことがよい釣果に結びつくし、たまに超大型が混じって釣れることから1日の釣りを考えれば、中型の新べらのいるタナや居着きの桟橋を確認することが重要になってくる。また、混雑を想定して並んで接近戦をおこなうことも勉強になる。当日は、全体的に混雑で厳しいこともあって20枚以上釣るのが大変だった。
釣り場情報