へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 鬼東沼 > 釣果情報

2020.02.19

田中 雅司フィールドスタッフ 鬼東沼にて

24kg(41枚) 水海道へら会(ゲスト参加) 第2位

釣行場所 鬼東沼   中央桟橋手前
釣行日時 2020年02月19日(水)   7:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 10%(40人)
釣行理由 水海道へら会(ゲスト参加)
釣果 24kg(41枚)
成績 第2位
釣り方 11→13尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け 竿11→13尺 道糸0.8号(へら名人ブラウン) ハリス上0.4号、下0.3号(上5cm、下50cm へら名人) ハリ上4号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅NS」7→8番(ムクトップノーマルタイプ)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「セット専用バラケ」160cc+水200cc+「GTS」160cc+「セットアップ」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 知り合いの会である水海道へら会にゲスト参加した。会場は栃木県の鬼東沼で魚も濃く、参加するたびによい釣りができるので楽しみだ。入場時間になると中央より少し奥の深いところに人気が集中し、会員が並んで入っている。私とH氏、T氏は事務所からまっすぐ行ったところの突き当りの位置に場所を決め、H氏13.5尺チョーチンセット、私が11尺のチョーチンセット、T氏は10尺の浅ダナセットではじまった。エサ打ち始めると3投目にアタって空振り、次から腹パンのへら鮒700gクラスが釣れ出した。天気がよくて風もなく、水もキレイでウキもよく見えてアタリも取りやすい。こんな好条件は滅多にない。しかしノーマル底釣りと段差の底釣りがパッとせず、何枚も釣れていないという話が奥の方から聞こえてきた。私たち宙釣りメンバーは、頻繁に竿が曲がって大きさを競っている。釣れる中にはキロ級の新べららしきへら鮒もいて、穂先が水中に引き込まれて大騒ぎ。釣れてくるほとんどが抱卵しており、今年は暖かいのかな…と思えた。11尺でもアタリはあったが、ちょい深い13尺もおこないたくスタートしてみると11尺と変わりなく釣れた。終了間近にバラケエサがなくなったので納竿し、24kg(41枚)第2位で終了した。
釣り場情報 第1位は8尺浅ダナセットで28kg。