へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 金山湖へら鮒センター > 釣果情報

2020.05.31

間庭 隆フィールドスタッフ 金山湖へら鮒センターにて

30.05kg(59枚) GFG例会 第2位

釣行場所 金山湖へら鮒センター   中央桟橋214番
釣行日時 2020年05月31日(日)   6:00〜15:00
天候 曇り
混雑度 桟橋全体で約60人
釣行理由 GFG例会
釣果 30.05kg(59枚)
成績 第2位
釣り方 8尺宙釣り(タナ1.05m)両ダンゴ
仕掛け 竿8尺 道糸1.2号(へら名人耀) ハリス上下0.6号(上35cm、下45cm へら名人詳) ハリ上下7号(関スレ) ウキ田村作「優陽」(ボディ5cmPCトップ足長)

エサ

「浅ダナ一本」200cc+「ガッテン」400cc+水200cc(よく練り込む)+「バラケマッハ」200cc+「軽麸」100cc(よくかき混ぜる)

ダンゴエサは軟らかめから入ったが、反応が良かったのはエサの打ち出しから1時間程度。カラツンがあるのならまだよかったのだが、ジャミの猛攻も含めへら鮒のアタリが1mのタナではなくなっていった。「軽麸」を加えて徐々に硬めにしてダンゴエサをタナに持たせるようにするとアタリが復活したが、ボソが強く魚は水面に背びれを出す始末。ボウル内のダンゴエサをかき混ぜて麩を開かないようにすると、良い方向に進んだ。ダンゴエサはボソッ気を出しすぎても、練り込んで軟らかくしすぎてもダメで、丁度よいダンゴエサを作るのに悩みながらも楽しくエサ合わせができた。

釣り方の注意点 魚は数投で水面近くに顔を出しますが、エサを追って1mのタナまで下がらない。エサを振り切ったり、少しでも沖目にエサ打ちすると、水面近くの魚にウキが立つ前に食われてしまう。ウキ直下にエサを落とし込む釣りが有効だった。エサを1mのタナまで早く落とすため、ハリスの長さを短めに調整して魚の上ズリとタナを安定させようとしたが、かえって食い渋りが悪い方向にいってしまい、エサの追いが悪くアタリが無くなってしまったため、ハリスは長めで通した。
釣り場情報