へら鮒天国TOP > へらエサQ&A

マルキユーのへらエサユーザーの皆様から、よく寄せられる質問にQ&A形式でご案内します。

へらエサQ&A

野釣りのチョーチン釣り 「ガッテン」400cc+「天々」400cc+「バラケマッハ」200cc+水200ccでサワリだけで決めアタリがでないときは?

チョーチン釣りは深いタナを釣るため、エサが持っているのが絶対条件です。始めにトップがしっかりなじんでいるかチェックをします。とくにムクトップではなじみ幅が少ないと上ずってアタリがでないことがあります。エサを持たせるため、練りこむのもひとつの方法ですが全体をいじるのではなく、小分けしたものを数回押し練してひと回り大きくエサ付けし、トップが沈没するくらいの気持ちでタナにへら鮒を集めます。このとき、ハリが小さいとエサ持ちが弱くなるので1ランク上のものを使うといいでしょう。あるいは、上記ブレンドに「BBフラッシュ」200ccを加えて持ちを良くする方法もあります。この場合、水230ccでつくり、小分けしたものを数回押し練したものが有効です。

野釣りのチョーチン釣り カラツンが多いときは?

エサの持ちすぎによるものと、持ちが弱いために上ずったへら鮒がはしゃいでカラツンをだすことがあります。毎回トップがしっかりなじんで戻りが遅ければ、小分けしたエサに手水を1、2回打って軟らかく調整します。反対に持ちが弱い場合は押し練りを数回加えて芯残りを良くするか、手水を打ったものに「BBフラッシュ」を振り掛けて揉み込むとエサ持ちがよくなります。他にハリス段差が広いのもカラツンの原因です。段差を5cm詰めて様子をみてください。

野釣りの底釣り「ダンゴの底釣り夏」、「ダンゴの底釣り冬」、「バラケマッハ」のブレンドでカラツンが多いときは?

まず、使っているエサをひと回り小さくハリ付けし、トップが戻りかけてからのアタリを狙います。それでもカラツンならば、手水を1、2回打って軟らかく調整してパチンコ玉大に付けます。それがダメならばタナを1〜2cmずつ深くしてヒットするタナを探ります。ただ、一気にずらし幅を多くするとしっかりした動きが消えてしまうので、これが消えない範囲で調節すればいいでしょう。

野釣りの底釣り 急なカケアガリで有効なダンゴエサは?

底釣りはなじんで戻してツン、が基本パターンですが、底の傾斜がきつくなるほど、重たいエサは毎回なじみ幅が変わるので思うように釣れません。大切なのは落ち込みでトメや受けをだしエサが着底と同時にアタリがでるようにするのがコツ。そのためエサはチョーチン釣りの延長で、それにダンゴの底釣り夏を加えて、やや比重を付ける程度のものが有効です。例えば「ダンゴの底釣り夏」50cc+「ガッテン」400cc+「天々」400cc+「バラケマッハ」200cc+水230ccで手水を打ちながら軟らかく調整し、一発目のアタリを狙います。このとき、下のエサは必ず底に着くようハリス段差を10cmほどに広げると明確なアタリがでます。

野釣りのチョーチン釣り 風流れでなじみ幅がでないときは?

流れがでるとエサを締めたくなるものですが、いままで釣れていたエサを締めると持ちは良くなりますがカラツンの原因になります。では、どう攻めるかというと、流れでエサがバラけやすくなっているのでハリ付けのときに指先で丸める回数を多くし、ひと回り大きくエサ付けします。やや流れの上にエサ打ちしたらウキを水面に置かず、竿を持ったまま水面に浮いたミチイトが半分以上沈むのを待ってからサオ掛けに乗せます。そしてサオ尻を前にだし早くなじませ、なじんだ瞬間にアタリがでるようエサを調節します。長く待つとへら鮒をピンポイントに寄せ切れないので、一呼吸おいてアタリがでなければ早めの打ち返しをお勧めします。これでもなじみ幅がでにくければ、使っているエサに手水を打ち「BBフラッシュ」や「浅ダナ一本」を振りかけて数回揉み込んで、釣れていたときと同じタッチに調整します。まとまりが良くなった分、深くなじむので明確なアタリが出ます。

管理釣り場の浅ダナヒゲトロセット 「パウダーベイトヘラ」200cc+「浅ダナ一本」100cc+「パワー・X」100cc+水100cc+「スーパーダンゴ」100ccのバラケとヒゲトロのコンビネーションでしっかりしたアタリがでないときは?

この釣りではバラケの煙幕の中にくわせエサのトロロがあることが大事。そのためアタリがない場合でも下バリスを長くすることは関心しません。それよりバラケを開く方向に手直ししてへら鮒を寄せることです。くわせエサがへら鮒に揉まれてハリ抜けしてアタリがでないこともあります。ヒゲトロを多めにハリ付けするか、1ランク上のハリに交換してみるのもいいでしょう。

管理釣り場の浅ダナヒゲトロセット ハリスの長さは?

短バリスが基本です。上が5〜8cm、下は15〜18cmの範囲から探ってみてください。これでウキの動きがいいわりにしっかりしたアタリがでないときは、上は5cmを最短に下は10cmを最短とし短くしてゆきます。さらに、下バリを重いものを使うとハリスが張り明確なアタリがでます。逆に動きが弱い場合でもハリスを長くすると、さらにアタリがでにくくなるので、バラケの開きを良くして集魚してください。

野釣りの底釣り 底に藻があるときのタナの取り方は?

エサ落ち目盛りを決めたら、上バリにタナ取りゴムを付けてトップ先端のひと目盛りが出るよう、ウキ下を調整します。取り合えずタナを上バリトントンにセットしてエサ打ちを開始。底に藻があるとなじみ幅はでないはずです。そこでウキ下を5cmずつ浅くして3〜4目盛りのなじみ幅がでるようにします。藻の状態によっては20〜30cmも浅くすることがあるので、根気よくおこなってください。重たいエサでは藻の中に入ることが考えられるので、ハリス段差を10cmほどに広げて、「特S」、「天々」、「グルバラ」各1杯に水0、9杯でつくったものを押し練りしながらなじみ幅を調節します。

野釣りのバラケと「一発」のチョーチン釣り 「段差バラケ」6対水1でつくったバラケでアタリがでないときは?

この釣り方ではバラケづくりと下のハリスの長さがポイントです。バラケは以前のように大きく開くものはアタリがでにくくなっています。むしろバラケ性を抑えてポロポロとジワジワバラケるものが適しています。そのためバラケのハリ付けのときに手の平で数回もんで500円玉大にエサ付けしてトップをしっかりなじませます。ハリスの長さは10cmと60cmを目安に、下だけ10cmずつ長くします。ときには1m近い長ハリスが良いときがあるのでマメに調節してください。さらにアタリが遅いときはなじんだトップを立て誘いを繰り返すとアタリがでることがあります。それでもあたりがでなければ竿を2〜3尺長いものと交換して深いタナを探ってください。また、くわせエサがハリ抜けしていることがあるので、「一発」は指先で揉んでハリ付けしてください。エサ持ちが良くなります。

野釣りのバラケと一発のチョーチン釣り スレが多い時は?

日曜日など、込み合ったときにはアタリは少ないものです。ちょっとした弱い動きに手をだしてしまいますが、「一発」の釣りでは小さくツンと入るものはスレになりやすくなります。これを送ってサオ先が引き込まれるようなダイナミックなアタリだけを狙ってみてください。また、渋いながらもへら鮒の寄りがあるていどの密度(毎回サワリがでる状態)では、下のハリスが長すぎてスレになることもあります。5cmずつ短くしてヒット率がいい長さを探ることも大切です。